傷つけないスメハラの伝え方

集団行動の中にいると他人の臭いって気にしていないようで気にしますよね?

学校や会社で「ワキガ」「口臭」「加齢臭」などエチケットに無頓着で、臭いケアを何もしていない人っていると思います。

最近では、セクハラ、パワハラに続いて「スメハラ」という問題としても社会現象になっていますが、もし自分の周りに不快な臭いを放っている人がいる場合、あなたは相手に伝えることができますか?

たぶん大半の人が伝えることができずに我慢していると思います。

「相手を傷つけてしまうんじゃないか」「嫌われるかもしれない」と人間心理が働いてしまいますもんね。

そこで、上手いスメハラの指摘の仕方をお教えしたいと思います。

まず一番気を付けないといけないことは、「臭い」という風に直接言い放つ伝え方はNGです。

それこそ相手を傷つけてしまいますし、ケンカの原因にも繋がってしまうかもしれません。

大切なのは相手の気持ちを考えて真摯に伝えることです。

それが友達同士であろうと上司、部下であろうと真摯な態度で伝えることができれば、周りのスメハラ被害の状況を気付かせてあげられる手助けになるかもしれません。

どちらにしろ、スメハラを相手に伝えることは言いづらいですし、相手にとっても気持ちが良いものではありません。

なので少しでも相手を気遣った言い方ができれば、上手なスメハラの指摘の仕方になるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です